【韓国経済崩壊】現代自動車が米国で集団訴訟を起こされる‥パワステの操舵装置欠陥 韓国反応

(聯合ニュース)ユンボラン記者=現代(ヒョンデ)自動車が米国で操舵装置の欠陥の疑惑が浮上して顧客達から集団訴訟(class action)を受けた。

エラントラ

19日、自動車業界などによると、米国消費者2人は、現代自動車が2013∼2016年型アクセントとエラントラの操舵装置欠陥の事実を隠したまま、これらの車を販売したとし、米カリフォルニア中部の連邦地方裁判所に最近、集団訴訟を起こした。

原告らは訴状で、操舵装置欠陥によってパワーステアリングシステムが突然動作を停止して、運転者がステアリングホイール(ハンドル)を操作するのに困難を経験したり、最初から操作ができなくなると主張した。

続きを読む

ランキングにご協力お願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です