海外「外資のネットフリックスが日本のアニメ業界を救ってる件」

8月2日、東京国際フォーラムで「Netflix アニメスレート2017」が開催された。プレゼンテーションに立ったチーフ・プロダクト・オフィサーのグレッグ・ピーターズは「Netflixは新たなアニメファンを世界に作りだす」と語る。アニメには普遍性があり、いままでアニメを観たことのない一般の視聴者にアニメ見せることでファンはさらに拡大するという。
Netflixの本格参入によりこれまで日本でなかなか企画が成り立たなかったジャンルのアニメ制作を可能にしている。例えばボンズが制作する「A.I.C.O. -Incarnation-」、プロダクションI.Gの「B: The Beginning」、さらにダークヒーローマンガをアニメ化する「ソードガイ The Animation」といった作品は、現在のBlu-ray、DVDのマーケットだけでは、製作費を回収するのは難しそうだ。 しかしNetflixでなら世界のアクション、SF好きが何度も観ることが期待される。配信を中心にビジネスを組むことによってアニメ化が実現する。(IGN)
DGOaFQVVoAAqsgy
引用:4chan4chan②Reddit

(海外の反応)


1No infomation万国アノニマスさん 
ネットフリックスがアニメを救っている件
ゴミじゃない作品にはより多くの金を出資してくれるし
高クオリティな翻訳字幕を確保するために有志に高い報酬をくれる
昔の目の肥えたファンはとにかく有志による翻訳でアニメを見ていたが
ネットフリックスがクオリティの高い作品を集めだして怒る理由なんてあるだろうか?


2No infomation万国アノニマスさん
ネットフリックスはとどまることを知らないな


3No infomation万国アノニマスさん 
永井豪好きだからデビルマンはちょっと応援してる

続きを読む

ランキングにご協力お願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です