海外「日本人の起源はアフリカだしね」アフリカ文化と融合した着物が黒人社会で大反響

今回は、西アフリカの伝統的な柄をモチーフにした着物、
「WAFRICA」の話題からになります。

「WAFRICA」はカメルーン出身のデザイナー、セルジュ・ムアンゲさんと、
京都の老舗呉服メーカー、「小田章」とのコラボによって生まれた物で、
生地は主にセネガルとナイジェリアから調達されているそうです。

過去には北米、欧州、豪州、ケニアなどで展示会が開かれており、
今年のカンヌ国際映画祭では、スペインの女優ビクトリア・アブリルさんが、
「WAFRICA」の着物姿でレッドカーペットに登場されています

実はこのプロジェクトが誕生したのは2007年のことなのですが、
最近になって海外のメディアが取り上げ始め、
昨日にはハフィントンポスト日本版も記事にするなど、
10年の時を経て、再びにわかに注目が集まっています。

記事には、主に黒人の方々からコメントが寄せられているのですが、
2つの文化の見事な融合に、絶賛の声が殺到していました。

「まさかこんな繋がりが…」 親日国エチオピアと日本の歴史秘話に驚きの声

25_20171020143154648.jpg
続きを読む

ランキングにご協力お願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です