日韓のアイドルが共演→レベルの違いが物議を醸す(海外の反応)

jj

2017年11月29日、日韓の代表的な女性アイドルグループ、AKB48とI.O.Iの初めてのコラボレーションステージが実現した。韓国・ヘラルドポップなどが報じた。

韓国のメディアコンテンツ専門企業CJ E&Mが主催するアジア最大級の音楽授賞式「Mnet Asian Music Awards(MAMA)」が29日、横浜アリーナで行われ、AKB48とI.O.Iが共にステージに立ち、I.O.Iを生んだオーディション番組「PRODUCE 101」のテーマ曲「Pick Me」やAKB48の「ヘビーローテーション」などを披露した。

日韓アイドルの歌とダンスの競演に会場には歓声が上がったと韓国メディアは伝えているが、実現前から一部不評が聞かれていたこのコラボ企画に、韓国の視聴者やファンの多くは不満や違和感を覚えたようだ。

ネットのコメントで目立つのは、日韓アイドルの「レベルの違い」をこのステージから実感したというもので、「韓国アイドルはかわいいし歌やダンスも上手だといまさらながら感じたね」「韓流グループが海外で人気がある理由がよく分かった」「むちゃくちゃ頑張って踊ってる韓国の子たちがかわいそうになるくらい。日本にはアイドルできる子がそんなにいないのかな?」などの声が見つかる。以下、全文を読む(Record China)

海外の反応をまとめました。


続きを読む

ランキングにご協力お願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です